民法が出題される資格試験や公務員試験はたくさんあります。資格キングならあなたにぴったりの資格・検定が見つかります。

第384号 第440条(相対的効力の原則)

■■ はじめに ■■

みなさん。こんにちは。

連帯債務の絶対効についての説明をしてきて、前回で6個全ての説明が終わりました。

今日は、反対に連帯債務の相対効について規定している条文の解説です。

内容は簡単なので、さらっと終わらせてしまいましょう。

それでは、早速始めていきましょう...

>>最初から全て読む

第383号 第439条(連帯債務者の一人についての時効の完成)

■■ はじめに ■■

みなさん。おはようございます。

連帯債務の絶対効についての説明に入っています。

履行の請求、更改、相殺、免除、混同と説明してきましたよね。

今日は最後の6つ目の時効です。

基本的には、今までと考え方は同じなので、さらっと解説してきます。

それでは、早速始めていきましょう...

>>最初から全て読む

第382号 第438条(連帯債務者の一人との間の混同)

■■ はじめに ■■

みなさん。おはようございます。

連帯債務の絶対効についての説明に入っています。

履行の請求、更改、相殺、免除と説明してきましたよね。

今日は5つ目の混同です。

基本的には、今までと考え方は同じです。

それでは、早速始めていきましょう...

>>最初から全て読む

第381号 第437条(連帯債務者の一人に対する免除)

■■ はじめに ■■

みなさん。おはようございます。

連帯債務の絶対効についての説明に入っています。

履行の請求、更改、相殺と説明してきましたよね。

今日は4つ目の免除です。

この免除も前回の他人の債権で相殺した場合のように負担部分について絶対効という少し分かりにくい概念が出てきますので、具体例でイメージしながら理解しましょう。

それでは、早速始めていきましょう...

>>最初から全て読む

第380号 第436条(連帯債務者の一人による相殺等)

■■ はじめに ■■

みなさん。おはようございます。

前々回くらいから、連帯債務において絶対効が生じる条文を解説しています。

履行の請求、更改については絶対効が生じるのでしたよね。

今日は3つ目の相殺についての解説です。

それでは、早速始めていきましょう...

>>最初から全て読む

第379号 第435条(連帯債務者の一人との間の更改)

■■ はじめに ■■

みなさん。おはようございます。

今日も連帯債務の解説です。

今、解説している多数当事者の債権債務関係は、法改正でかなり内容が変更されている部分なので、ちょっと面倒ですが、とりあえず現行法で覚えてしまって下さい。

今回の条文はそれほど難しいものではないので、さらっと読んでいただけると思います。

今日は特に前置きになる話も無いので、解説に入りたいと思います。

それでは、早速始めていきましょう...

>>最初から全て読む

第378号 第434条(連帯債務者の一人に対する履行の請求)

■■ はじめに ■■

みなさん。こんばんは。

少し前から連帯債務についての解説に入っています。

今回解説する民法434条から440条までは、連帯債務の中でも特に重要な条文です。

民法の試験では頻出の知識がたくさん出てきますので、できれば覚えしまいましょう。

さて、完全に私事ですが、新しいパソコンを買いました。

Macbook Proの15インチを買いました。

賛否両論あるタッチバーは、今のところ、あれば便利だし、そんなに目くじら立てて批判することはないかなと感じています。

それより、問題があるのはキーボードです。

やっぱり、ペラペラのバタフライキーボードは打ちにくいです。

今も新しいMacBook Proで、このメルマガを書いているのですが、打ち間違える事が多いです。

まだ慣れてないというのもあるかもしれないけど、あまり良いキーボードではないなというのが正直な感想です。

それでは、早速始めていきましょう...

>>最初から全て読む

第377号 第433条(連帯債務者の一人についての法律行為の無効等)

■■ はじめに ■■

みなさん。こんにちは。

今日は民法433条の解説です。

理解するのに難しくはないのですが、連帯債務の本質と関わり、試験にもよく出題される条文ですので、知識として覚えてしまいましょう。

さて、アップルの時価総額が100兆円超えましたね。日本の今年の予算(一般会計)が約97兆円ですから、それと比較するとどれくらいすごい規模感なのかというのが分かりますよね。

これからは確実にIT企業があらゆる業界を飲み込んでいくでしょう。

今からの5年くらいで最も劇的に変わるのが自動車業界だと言われています。

テスラのモデルSにはレベル2の自動運転がすでに搭載されています。

さらに来年国内でも発売される予定のアウディA8にはレベル3の自動運転が搭載されています。

ドイツでは来年(2018年)から高速道路などの限定された地域ですがレベル3の自動運転が解禁されるそうです。

自動運転のレベルはSAE(Society of Automotive Engineers)という団体が6段階のレベル(0~5まで)を設定しており、事実上の世界標準となっています。

レベル3というのは、条件付き自動運転(Conditional Automation)で、「特定の条件下において自動運転モードを実行できる。自動運転モードの時は、すべての運転操作をシステムが実行。ただし、自動運転モードの機能が困難になった時は、システムドライバーに運転操作の引き継ぎ要求をできる。」と定義されています。

簡単に言うと、ドライバーはハンドルから手を離して何もする必要が無い状態という事です。アクセルやブレーキの操作は不要で、しかもハンドルから手を離してリラックスして座っているだけで目的地につくのです。

これがドイツでは来年からスタートするのです...

>>最初から全て読む

第376号 第432条(履行の請求)

■■ はじめに ■■

みなさん。こんにちは。

民法の大改正ですが、ちょっと前に施行日についての閣議決定がありました。

これで改正民法の施行日は2020年(平成32)の4月1日に決まりです。

多くの人が予想していた通りの結果になりましたね。

ということで、改正民法の効力が発生するのはまだ2年以上先のことなので、これから民法が出題科目になっている資格試験や公務員試験を受験する人もまだ当分は現行民法で勉強しましょう。
このメルマガも、当分の間は改正について少しは触れながらも基本的には現行民法で解説していきたいと思います。

さて、前回で不可分債権・不可分債務の解説が終わりました。

今回からは連帯債務についての解説です。

細かい条文の知識を覚えなければならない部分でちょっと大変ですが、頑張っていきましょう...

>>最初から全て読む

第375号 第431条(可分債権又は可分債務への変更)

■■ はじめに ■■

みなさん。こんにちは。

今日で不可分債権・不可分債務の解説は終わりです。

それほど難しい条文ではないので、今回は気楽に読んでいただけると思います。

すでにご存知の人も多いかと思いますが、数年前に民法の条文と憲法の条文を学習できる無料のiPhoneアプリを作って公開しました。

それでは、さっそく解説を始めていきましょう...

>>最初から全て読む

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法 第5版 総則・物権・債権

このページを見ている人はこんなページも見ています。