↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

第295号 2007・10・30

■■ はじめに ■■

みなさん、おはようございます。今日は、民法369条の解説です。

ちなみに、367条と368条は、削除されていて現在ありません。

いよいよ今日から抵当権の解説に入ります。

抵当権は、担保物権の中でも重要なものですので、気持ちを入れ替えて頑張っていきましょう。

それでは、さっそくはじめていきましょう。

▼▼▼ 第369条(抵当権の内容)▼▼▼

1項
抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。

2項
地上権、及び永小作権も、抵当権の目的とすることができる。この場合において、この章の規定を準用する。

■■ 解説 ■■

まず、はじめに抵当権というのが、民法全体の中でどの部分に規定されているのかを確認しておきましょう。

抵当権は、民法第2編の物権編の第10章にあります。

つまり、抵当権は物権の一つであり、物権の中でも担保物権の一つです。

この抵当権というのは、前回まで解説してきた質権とは異なり非常に素晴らしい制度です。

質権の場合、債権者に物の占有を奪われてしまいましたよね。

例えば、不動産質の場合、不動産の所有者は、自己の債務の担保のために債権者に不動産の占有を奪われてしまい、自分の土地を自由に使うことができなくなってしまいます。

しかし、抵当権の場合は、土地などを自己の占有においたままで、債務の担保にすることができるのです。

少し難しいので、具体例をあげて解説します。

AさんがBさんに1000万円の貸金債権を有していたとします。

そして、その債権を担保するために、Bさんの土地に対して抵当権が設定されました。

この場合、抵当権を設定している債権者であるAさんを抵当権者といいます。

他方で、抵当権を設定されている債務者であるBさんを抵当権設定者といいます。

この事例で、Bさんの土地に抵当権は設定されていますが、だからといってBさんは、自分の土地を使うことができなくなるわけではありません。抵当権が設定された後も、今までどおり自分の土地を自由に使うことができます。ただし、もし1000万円の債権を弁済することができなくなったときには、抵当権が実行され、土地は競売にかけらるので、土地を取り上げられてしまいます。

つまり、抵当権といのは、土地などを担保に入れるのですが、債務の弁済をきちんとすれば、土地を取り上げられることはないし、今までどおり自由に土地を使うことができるのです。これはとても素晴らしい制度ですよね。たとえば、Bさんが自分の持っている土地の上に建物を建てて商売を始めようと思ったとします。しかし、資金がないので、Aさんから金を借りようと思いました。

そこで、AさんはBさんの土地を担保に入れてくれるのであれば、金を貸してもいいと思いました。

この時、もし、不動産質権を設定したとします。すると、Bさんの土地はAさんに取り上げられてしまうことになります。

Bさんは、確かに金を借りることはできましたが、土地を取り上げられてしまっているので、土地の上に建物を建てて商売をすることができません。

せっかく商売をするための金を借りることができたのに、土地を取り上げられてしまっては何の意味もないのです。

しかし、抵当権の場合は、Bさんが資金の返済をきちんとすれば、土地を取り上げられることはないのです。

今までどおり自由に使うことができます。

借りた金で、土地の上に建物を建てて商売をして、商売で稼いだ金で、返済をすることができます。

万が一、商売がうまくいかなくなって、金を返済することができなくなった場合にだけ、土地を取り上げられてしまうのです。これは、債権者からしても好都合な制度なのです。

なぜなら、債権者は、金を回収することができればそれで十分なわけで、別に土地を取り上げたいとは思わないことが多いからです。

貸し付けた金の利息を取ることができて、全額回収することができればいいのです。

万が一、返済が滞った場合には、抵当権を実行して債権の回収をすることができるのですから、何の問題もないわけです。

むしろ、土地を取り上げてしまうと管理が大変ですし、債務者に自由に使わせて、それで頑張って稼いでもらって確実に返済してもらう方が好都合なのです。

これが、抵当権という制度です。

最後に2項ですが、さきほどはずーっと土地に抵当権を設定するという具体例で解説してきましたが、土地や建物などの不動産に限らず、地上権・永小作権にも抵当権を設定することができます。

これは、覚えておいてください。

■■ 豆知識 ■■

抵当権を設定することができるのは、不動産、地上権、永小作権の3つです。

この知識は、よく法律系の資格試験には出題されますので覚えてしまってください。

3つだけですので、すぐに覚えることができると思います。

■■ 編集後記 ■■

少し前に、宅建の過去問を素材に民法の勉強をしようということで、掲示板の方で問題を出しました。

その解説を書いておきましたので、興味がある方は見ておいてください。

それでは、次回もお楽しみに!!

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

(裏編集後記)

受験生におすすめの在宅アルバイト。簡単な文章を入力するだけでお小遣い稼ぎができます。文章を書く訓練にもなって一石二鳥のお仕事です。

急に寒くなったので、先週末あたりから体調を崩しています。

みなさんも気をつけてくださいね。

ちなみに、カゼには葛根湯がおすすめです(^0^)

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権

↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

このページを見ている人はこんなページも見ています。