↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

第85号 2005・11・19

■■ はじめに ■■

みなさん、おはようございます。

今日は、85号で、106条の解説です。

今まで代理人の話をしてきているわけですが、今日は、法定代理人による復代理についての条文の解説です。

前回、前々回で説明してきた復代理人は、任意代理人の復代理人の説明でした。

今日は、法定代理人の復代理人の規定です。

つまり、本人が自由に代理人を選んだ場合ではなく、法律上当然に、認められる代理人についての復代理人についての規定です。

うーん、すごく難しいですよね。

自分で今書いていて混乱してきています。

まぁ、とりあえず始めましょう!!

第106条(法定代理人による副代理人の選任)

法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任することができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは、前条第1項の責任のみを負う。

■■ 解説 ■■

さて、法定代理人ですが、この場合でも、復代理人を選任することができます。

しかも、条文をよく読んでください。

104条の任意代理人の復代理人の選任の規定と比べてみてください。 

任意代理人は、本人の許諾を得たときか、やむを得ない事由があるときにしか、復代理人を選任することはできません。

しかし、この106条には、そのような要件が書かれていませんよね。

つまり、法定代理人は、いつでも復代理人を選任することができるのです。

このような差があるのはなぜでしょう?これに気づいた方は素晴らしいです。

まず、任意代理人の場合ですが、なぜ、一定の自由がある時にしか、復代理人を選任することができないんでしたか?

本人は、ある人を信用して、代理権を与えて代理人に選任したわけですよね。

ですから、勝手にさらに復代理人を選任されては困るからです。

よくわからない人が自分の知らないところで、復代理人になっていたら困りますよね。

でも、法定代理人の場合はどうでしょうか。

法定代理人の典型例は、未成年者の親です。

これは、法律上、当然に選任されるものです。

つまり、本人が選んだわけではないのです。

信用できるからということで、選んだわけではないんですね。

ですから、さらに復代理人が選任されたとしても、別にかまわないじゃないか、ということになります。

ただ、法定代理人というのは、本人を保護するために付けられることが多いので、あまりにも勝手なことをされると困ります。

ですから、自由に復代理人を選任することができる代わりに、その復代理人がした行為の責任は全て負わなければなりません。

条文でいうと、「自己の責任で」という部分です。

ただ、やむを得ない自由があって復代理人を選任した場合は、少し責任が軽くなります。

これが、後段の部分です。

「やむを得ない事由があるときは、前条第1項の責任を負う」と書いてありますね。

そして、前条第1項を見てみると、「選任及び監督について〜責任を負う」と書いてあります。

つまり、やむを得ない事由がある場合には、選任や監督について問題があった場合にのみ責任を負うことになります。

このようにして、うまくバランスを取っているわけです。

■■ 豆知識 ■■

106条のような条文の構造の場合。

1文目を前段、2文目を後段と読みます。

条文の読み方にも少しずつ慣れていってくださいね。

■■ 編集後記 ■■

みなさん、ギャオって知っていますか?

インターネットテレビのことなんですが、無料でパソコンでテレビを見ることができるのです。

今なら、ハッスルを見ることができます。

インリンとHGのプロレス対決、泉元彌も見ることができます。

あのUSENが運営しているだけあって、無料でこれほどのサービスがあるとはすごいです。

ただ、ブロードバンド環境が必要ですので、まずはスピードテストをしてください。

詳しい方法は、私のブログで紹介していますので、興味のある方は見てください。

インリンとHGのプロレスは必見ですよ。

しかも、無料です。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権

↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

このページを見ている人はこんなページも見ています。