↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

第51号 2005・8・17

■■ はじめに ■■

みなさん、おはようございます。さて、今日は第51号です。今日もはりきっていきましょう。

今日は、56条・57条の紹介です。

今回も、あまり問題ないので、さらっと読み流してください。

▼▼▼ 第56条(仮理事) ▼▼▼

理事が欠けた場合において、ジムが遅滞することにより損害を生ずるおそれがあるときは、裁判所は、利害関係人又は検察官の請求により、仮理事を選任しなければならない。

▼▼▼ 第57条(利益相反取引行為) ▼▼▼

法人と理事との利益が相反する事項については、理事は、代理権を有しない。この場合においては、裁判所は、利害関係人又は検察官の請求により、特別代理人を選任しなければならない。

■■ 解説 ■■

56条に関しては、特に解説することはありません。

読んでいただければ理解できると思います。

57条については、少し説明します。

まず、利益相反行為という言葉が出てきましたが、これは少し難しいですよね。

要は、お互いの利益が反するような行為ということです。

そして、そのような場合には、理事は、法人の代理権を有しないこととして、理事の権限濫用を防ぎ法人の利益を守ることを目的としている規定です。

つまり、理事は、法人を代表する強大な権限を持っています。

すると、理事が個人的な利益を図るために法人の財産を濫用して、利益相反行為をする危険があるのです。

例えば、理事が法人を代表して、自分自身に財産を贈与する、というような行為ができてしまうわけです。

そんなことが無制限にできれば、法人の財産が害されますよね。

それを防止するために利益相反行為をするには、特別の代理人を選任しなければならないと規定したのです。

■■ 豆知識 ■■

57条で、検察官も特別代人の選任を請求することができると規定されています。

確かに検察官は、裁判における一方当事者ですよね。

いわば、被告人の敵です。

しかし、検察官は単に被告人を有罪にすることのみを目的としているわけではなく、公益の代表者としての役割も有しています。

そのことから、検察官も請求権者とされているのです。

(参照条文)
検察庁法4条検察官は、刑事について、公訴を行い、裁判所に法の正当な適用を請求し、且つ、裁判の執行を監督し、又、裁判所の権限に属するその他の事項についても職務上必要と認めるときは、裁判所に、通知を求め、又は意見を述べ、又、公益の代表者として他の法令がその権限に属させた事務を行う。

■■ 編集後記 ■■

盆も終わりました。

私自身も、少しゆっくりさせていただきました。

メルマガの発行も休ませていただきました。

また、今日からみなさん頑張りましょう!!

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権

↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

このページを見ている人はこんなページも見ています。