↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

第46号 2005・8・7

■■ はじめに ■■

みなさん、おはようございます。さて、今日は第46号です。今日もはりきっていきましょう。

今日は、47、48条ですが、前回に引き続き、ほとんど説明することはありませんのですぐに終わります。

ここらへん条文はまとめて紹介してどんどん先に進みたいと思います。

条文を読んで、「へー」と思っていただければそれで十分です。

第47条(登記の期間の計算)

第45条第1項及び前条の規定により登記すべき事項であって、官庁の許可を要するものは、その許可書が到達した時から登記の期間を計算する。

第48条(事務所の移転の登記)

1項
法人が主たる事務所を移転したときは、2週間以内に、旧所在地においては移転の登記をし、新所在地においては第46条第1項各号に掲げる事項を登記しなければならない。

2項
法人が主たる事務所以外の事務所を移転したときは、旧所在地においては3週間以内に移転の登記をし、新所在地においては4週間以内に第46条第1項各号に掲げる事項を登記しなければならない。

3項
同一の登記所の管轄区域内において事務所を移転したときは、その移転を登記すれば足りる。

■■ 解説 ■■

このあたりの条文もずーっと登記に関する手続き的なものですから、特に問題はありません。

今日も、こんな条文があるのか、ということで読み飛ばしてください。

■■ 豆知識 ■■

今日も、昨日に引き続き法律独特の読み方を豆知識として紹介したいと思います。

兄弟姉妹を何と読むでしょうか?

普通は、「きょうだいしまい」ですよね。

でも、法律の世界では、「けいていしまい」と読むことが多いです。

もう一つ、借地借家法というものがあるのですが、何と読むでしょうか?

普通は、「しゃくちしゃくやほう」ですよね。

でも、法律の世界では「しゃくちしゃっかほう」と読みます。

ほんとに豆知識というか、雑学にすぎませんが、知っていて損をすることはないでしょう。

ちなみに、この借地借家法ですが、私達の日常生活にとても密着している法律なんです。

家を借りたりする時に、大家さんの横暴を許さないように、私達を守ってくれている法律です。

■■ 編集後記 ■■

昨日、久しぶりにもう一つの私が発行している、メルマガを発行しました。

「知ってて得する法律知識!実際の判例から解説!」というものです。

もう既に登録していただいている方もいるかと思いますが、実際にあった事件、つまり判例を紹介してそれを解説するという内容のものです。

自分で言うのも恐縮ですが、登場人物の名前は変えてありますが、実際にあった事件を解説しているので、おもしろいと思います。

無料ですので、ぜひ登録してみてください。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権

↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

このページを見ている人はこんなページも見ています。