↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

第264号 2007・6・21

■■ はじめに ■■

みなさん、おはようございます。今日は、民法338条の解説です。

この条文は、昨日の条文と同じく、先取特権の中でも、重要な条文で、特に司法書士試験では絶対におさえておかなければならない条文です。

内容的には、趣旨は昨日の条文と似ていますので、すぐに理解することができるでしょう。

それから、一点だけお知らせがあります。

前回のメルマガの訂正です。すでにお気づきの方も多いと思いますが、前回のメルマガの中に以下の部分がありました。

「そもそも、先取特権というのは、担保物権の中の一つでしたが、その中でも約定担保物権の一つでした。」もうお分かりだと思いますが、当然、先取特権は「法定担保物権」です。

この点だけ訂正させていただきます。

それでは、さっそくはじめていきまよう!!

第338条(不動産工事の先取特権の登記)

1項
不動産工事の先取特権の効力を保存するためには、工事を始める前にその費用の予算額を登記しなければならない。この場合において、工事の費用が予算額を超えるときは、先取特権は、その超過額については存在しない。

2項
工事によって生じた不動産の増加額は、配当加入の時に、裁判所が選任した鑑定人に評価させなければならない。

■■ 解説 ■■

短い条文ですが、冒頭でも申し上げたように、非常に重要な条文です。

民法338条は、不動産工事の先取特権についての規定です。前回は、不動産保存の先取特権でしたが、趣旨はほとんど同じです。

ほとんどというより、全く同じですので、特に解説することはありません。

すなわち、同一の不動産に対して、抵当権と不動産工事の先取特権が競合した場合、不動産工事の先取特権が抵当権に対して優先するのです。

これは抵当権者からしたら、たまったものではありません。

ですから、抵当権者等の先順位の担保権者を保護するために、登記によって公示した後でなければ効力を生じないと規定しているわけです。

ただ、少し疑問を持っていただきたい点があります。

前回の、不動産保存の場合には、「保存行為の後直ちに」登記をする必要があると規定してありました。

しかし、今回の不動産工事の場合には、「工事を始める前に」登記をしなければならないと規定されています。

なぜ、保存の場合は、保存行為の後でもいいのに、工事の場合は、工事の前にしなければならないのでしょうか?

これは試験にはたぶん出ることはないですが、少し考えてみて欲しいのです。

もう一段階、掘り下げて考えるくせをつけるという意味で、考えるいい素材になると思います。

以下の説明は、私見なのですが、おそらく正しいと思います。

登記によって公示することによって、初めて他の債権者は、先取特権が成立していることを知ることができるわけです。

とすれば、先取特権が成立しているのであれば、できるだけ早い段階で、登記させておくのが望ましいことになります。

だから、今日解説した338条のように、「前に」登記させておくのが原則論なのだろうと思います。

ただ、不動産保存の先取特権の場合には、緊急性があるので、「前に」登記をさせるのは困難であるのです。

不動産保存の先取特権というのは、たとえば、家の屋根が壊れたから大工さんに修理してもらったというような場合に、発生します。

屋根が壊れていれば、とにかく修理してもらうことが一番大事なことでしょう。

にもかかわらず、修理してもらう前に、まず登記をしないと先取特権が成立しないというのは少しかわいそうですよね。

登記なんてしているより、とにかく家を修理して欲しいのが通常だからです。

だから、不動産保存の場合には、「工事の後直ちに」として、事後的に登記をすることを認めているのだと思います。

他方で、不動産工事の場合には、工事するというのは普通は緊急性なんてないですよね。

ある程度、事前に予定を立てて工事に取り掛かるはずです。

ですから、できるだけ早い段階で登記をさせることが望ましいし、工事の前に登記を要求しても何ら不都合はないわけです。

おそらく、以上のような理由であろうと思います。

■■ 豆知識 ■■

昨日と同じ豆知識があります。少し細かいので、聞き流していただければかまいません。

「効力を保存する」と条文にありますが、その意味について、登記が対抗要件という意味か、効力発生要件という意味か、という争いがあります。

判例は、後者、登記が効力発生要件であるという立場をとっています。

したがって、登記をしない限り当事者間においても先取特権を主張することができないということになります。

■■ 編集後記 ■■

今日の民法338条は、昨日解説した条文と趣旨が同じだったので、内容の解説はほと んどありませんでした。

ただ、それですぐに読み飛ばしてしまうのではなく、じっくり考えるくせをつけて欲し いので、少し細かい部分まで解説しました。

さきほどのようなものは、知識として覚える必要は全くありません。

もし、試験などに 出題されたとしても、その場で考えれば、結論を出すことができますので。 そのためには、いつも考えるくせをつけているということが前提になりますが。

普段から考えているくせをつけておかないと、そのときに突然考えるということができ るはずありませんよね。

ということで、とにかく徹底的に自分で考えるくせをつけておきましょう。

さて、最後に一つおすすめのサイトを紹介しておきます。

インターネットを活用して、ちょっとした収入を得ることができるサイトです。

マクロミルというサイトで、私も3年くらい前から今でも使っているおすすめのサイト です。 簡単なアンケートに答えると、ポイントが付与されるのです。

そのポイントを貯めると 現金を振り込んでもらえるというものです。

月に、数千円というくらいのものですが、ちょっと時間のある時にアンケートに答える だけですから、やっておいて損はないです。

他にも、座談会みたいなのにも参加の依頼がくることがあって、その場合には、2時間 で1万円くらいもらえます。

私も一度、2年くらい前に参加したことがあるのですが、その時流行していた光ファイ バーについての座談会でした。

適当に5,6人で話をして、それをリサーチ会社の人がまとめて、企業に報告するので しょう。

めったにない仕事ですが、運良く依頼がくるとかなりいい仕事です。

当然、無料で利用することができますので、一度試してみてください。

アンケート系の サイトは他にもたくさんありますが、私はこのマクロミルを一番活用しています。

マクロミルへ登録

それでは、次回もお楽しみに!!

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

(裏編集後記)

受験生におすすめの在宅アルバイト。簡単な文章を入力するだけでお小遣い稼ぎができます。文章を書く訓練にもなって一石二鳥のお仕事です。

ようやく、英語の勉強に本格的に取り掛かっています。

まだ、初めて4日くらいですが、何となく昔勉強していたことを思い出して、きて少しずつ分かりはじめています。

これを続ければ、2,3ヶ月である程度の読解はできるようになるかなと、ちょっとドキドキしています。

目標は、英語のサイトをすらすら読めるようになることです。

あとできれば、TOEFLで高得点を叩き出したいです(^—^)

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権

↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

このページを見ている人はこんなページも見ています。