↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

第207号 2006・9・22

■■ はじめに ■■

みなさん、こんにちわ。今回は、民法257条と258条を解説したいと思います。

ただ、民法257条は、解説することがないので、条文の紹介だけになります。

新聞やニュースで報道されているので、みなさんもご存知かと思いますが、昨日、初めての新司法試験の結果の発表がありました。

合格率は約50%だということです。

今までの司法試験の合格率は約2〜3%です。

合格者数を増やすために無理をしているので、ここ数年で実力のない法律家がたくさん登場するとの懸案もあるようです。

弁護士事務所によっては、新司法試験に合格した人は採用しないと断言しているところもあるようです。

これから、どうなっていくのでしょうか?

第257条

前条の規定は、第229条に規定する共有物については、適用しない。

第258条(裁判による共有物の分割)

1項
共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。

2項
前項の場合において、共有物の現物を分割することができないとき、又は分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、裁判所は、その競売を命ずることができる。

■■ 解説 ■■

民法257条については、特に解説することはありませんので、バックナンバーなどを参考にしながら確認だけしておいてくださいね。

さて、民法258条の解説です。256条で、共有物の共有者は分割請求をすることができるということを解説しました。

そして、当事者の協議で、その分割がうまくいけばいいのですが、うまくいかないことも当然あるでしょう。

そこで、当事者の協議によって分割がうまくいかなかった場合には、その分割を裁判所に請求することが認められているのです(民法258条1項)。

次に、2項です。分割の対象となっている物が、土地などのように、うまく分割することができる場合は、そのまま分割すれば問題ありません。

しかし、たとえば、分割の対象物が車だった場合は、どうでしょうか。

車を3人で分割するからといって、車を3つにバラすことはできませんよね。

絶対に不可能ではないかもしれませんが、少なくともそんなことをすれば、車の価値は著しく低下しますよね。

他にも、ダイヤモンドなどの宝石などのような場合もそうです。

叩き割ってうまく、3つとか、4つに分けることはできないでしょうし、もし、そんなことをすれば、価値がなくなってしまいます。

このように、物を現実に分割することができない時や、分割すると、その価値が著しく低下してしまうような場合には、裁判所はその物の競売を命ずることができます。これが、民法258条2項です。

つまり、競売にかけて物を売ってしまえば、金になります。

そして、その売った金をみんなで分けなさいということです。

■■ 豆知識 ■■

細かい話なので、飛ばしてもらってもかまいません。

共有物が分割された場合、各共有者は他の共有者が分割によって得た物につき、その持分に応じて売主と同様の担保責任を負います。

■■ 編集後記 ■■

今日の解説も、それほど難しいことはなかったと思います。

当事者の話し合いで、解決できなかったら、裁判所を利用することができるという、当たり前のことを規定してある条文ともいえるかもしれません。

そして、現実に分割することができない物が問題となっている場合など、一定の場合には、競売にかけて金に換金してからそれを分けるという方法も採りえますよ、ということです。

それでは、次回もお楽しみに!!

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

(裏編集後記)

受験生におすすめの在宅アルバイト。簡単な文章を入力するだけでお小遣い稼ぎができます。文章を書く訓練にもなって一石二鳥のお仕事です。

ちょっとした副収入を得るために、アフィリエイト用のサイトをいくつか運営しているのですが、最近、アフィリエイトサイトが検索エンジンから積極的に排除されている感じがします。

おそらく、これは一時的なもので、しっかりとしたサイトであれば、アフィリエイト広告が貼ってあったとしても、復活してくるであろうと思っています。

検索エンジンが、コンテンツのないアフィリエイトサイトを排除しようとしている過渡期にあるのではないかと、私は考えています。

何でもそうですが、王道を歩いていれば、多少の変化が起きたって、揺さぶられることはありません。

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権

↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

このページを見ている人はこんなページも見ています。