↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

第174号 2006・6・13

■■ はじめに ■■

みなさん、こんにちわ。今日は、民法197条の解説です。

民法197条は占有の訴えという条文の総則的な規定で、具体的な内容は次回の民法198条からとなります。

この占有の訴えというのは、非常にわかりにくいものですが、とりあえず、こういう規定があるということだけ知っておいてください。

きちんと理解するのは、ほんとうに難しいので、今の段階で完全に理解しようとせずに民法を一通り勉強してから戻ってくるというスタンスで読んでください。

それでは、はじめていきましょう!!

▼▼▼ 第197条 (占有の訴え) ▼▼▼

占有者は、次条から第202条までの規定に従い、占有の訴えを提起することができる。他人のために占有をする者も、同様とする。

■■ 解説 ■■

さて、どうでしょうか。

この民法197条は、占有の訴えの総則的な規定ですので、読んだそのままということになります。

ある物に対して占有権を有している者は、その物に対する支配を妨害されたような場合にその回復などを請求することができます。

その回復を請求したりすることが占有の訴えというわけです。

このように、民法が占有の訴えを規定している趣旨は、自力救済を禁じる一方で、物の事実的な支配を一応保護するためだといわれています。

つまり、例えば、Aさんが占有している車をBさんが盗んだとします。

この場合、AさんはもちろんBさんに車を返せといいたいわけですが、直接自分でその車を取り返してくるということは認められません。

これが自力救済が禁止されているということです。

このような場合、自分の物であったとしても、勝手に取り返せば、下手をすれば窃盗罪が成立します。

ただ、何もできないというのはもちろんおかしいですよね。

そこで、民法は占有の訴えということを認めて、物を取り返す手段を認めているわけです。

そして、この占有の訴えは、占有権の本質と関連してきます。

以前に、占有権は、物を事実的に支配している状態、それ自体を保護するもので、所有権などを有していることは必要ないといいました。

それと関連して、この占有の訴えも所有権などを有していなくても、物を事実上支配していて、占有権の認められる者には全員認められます。

一番の典型例が盗人です。

盗人には、とうぜん所有権などはありませんが、一応その物を占有しているわけです。

盗人のような者の占有も一応保護しようというのが、この占有の訴えです。

■■ 豆知識 ■■

民法197条後段の「他人のために占有をする者」の典型例は賃借人です。

また、少し細かいですが、占有補助者は、占有者ではないので、占有の訴えをすることができません。

今日の解説がわかりにくい方は、バックナンバーで占有権の最初のあたりを復習してみてくださいね。

■■ 編集後記 ■■

どうだったでしょうか?かなり難しかったと思います。

議論が抽象的で、なんとなく分かるけど、完全に理解することができないという感じだと思います。

でも、それはみんな同じだと思いますので、安心してください。

次回から、占有の訴えの個別的な条文の解説に入っていきます。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

(裏編集後記)

受験生におすすめの在宅アルバイト。簡単な文章を入力するだけでお小遣い稼ぎができます。文章を書く訓練にもなって一石二鳥のお仕事です。

最近、ミクシィに時々出没しています。

このメルマガ読者のためだけのミクシィ内のコミュニティぜひ参加してくださいね。

ミクシィに入ってない方は、招待状を送りますので、メールください。

コミュニティ名:「毎日3分民法完全制覇!読者の会」

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権

↓管理人のYouTubeチャンネルです。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

このページを見ている人はこんなページも見ています。