第192号 2006・7・23

■■ はじめに ■■

みなさん、こんばんわ。今日は、民法239条の解説です。

今回から、所有権の取得の規定に入ります。

民法を勉強していくうえで大事な言葉の説明もしますので、今回からちょっと気合を入れて理解してくださいね。

さて、このメルマガを読まれている方は、少しずつでも自分が成長していることに気づかれているでしょうか。

しっかりと、このメルマがを読んで、自分で考えている方は、間違いなくいろんな能力がアップしていると思います。

何より、論理的な考え方が身についてきているのではないでしょうか。

ビジネスをするにも、法律の勉強は必ず役に立ちます。

インターネットで物を売るためにはセールスレターが大事だと言われていますが、セールスレターを書くのにも論理的な思考力は必ず役に立ちます。

なぜなら、論理的な文章は、相手を納得させることができるからです。

それでは、はじめていきましょう!!

第239条(無主物の帰属)

1項
所有者のない動産は、所有の意思をもって占有することによって、その所有権を取得する。

2項
所有者のない不動産は、国庫に帰属する。

■■ 解説 ■■

今回から、所有権の取得についての規定の解説に入っていくわけですが、個別の条文の解説に入る前に、大まかな総則的な解説をしておきます。

所有権を取得する原因としては、承継取得と原始取得があります。

だいたいのイメージはつくと思うのですが、簡単に説明すると、承継取得というのは、ある特定の人などから物を譲り受けた場合などです。

たとえば、みなさんが、Aという不動産屋から家を買った場合などです。

この場合、みなさんは家の所有権を承継取得により取得することができます。

次に、原始取得ですが、これは、誰かから譲り受けたなどではなくて、いきなり自分のところで、所有権が発生するような場合のことをいいます。

たとえば、以前に解説した、時効取得などです。

ある土地を10年とか、20年とか占有すれば、その土地の所有権を時効取得によって取得することができます(民法162条)。

誰かから、所有権を譲り受けたりするのではなくて、いきなり自分のところで、所有権が「ぽっ!」と発生するイメージです。

以上のように、所有権の取得といっても、その取得原因としては、2種類あるのだということをしっかりと理解しておいてください。

さて、この民法239条は、原始取得の規定です。

この世の中には、誰のものでもない物というのは、たくさん存在します。

それが、動産だった場合、所有の意思をもって占有を始めることによって、その物の所有権を取得することができます。

これが1項で、無主物先占(むしゅぶつせんせん)といいます。

次に、誰のものでもない不動産の場合ですが、不動産は、所有の意思を持って占有を始めたからといって、所有権を取得することはできません。

不動産は、誰も所有権者がいない場合は、国のものとなります。

これを規定したのが、2項です。

さすがに、不動産となると価値も大きいので、占有を先に始めた者が勝つということになれば、ちょっと不都合だからでしょうね。

■■ 豆知識 ■■

今回も豆知識はありません。

しっかりと、条文を自分で読んでおいてください。

■■ 編集後記 ■■

今日から、所有権の取得原因についての規定の解説に入りました。

また、所有権の取得原因としては、承継取得と原始取得の2種類があるということも解説しました。

これから、しばらくは、所有権の取得原因についての解説になりますので、今勉強している条文が、原始取得についての規定なのか、承継取得についての規定なのかということをしっかりと意識してくださいね。

また、後ほど解説しますが、承継取得によって所有権を取得したのか、原始取得によって所有権を取得したのかによって、大きく差が生じる場合があるのです。

それでは、次回もお楽しみに!!

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

シグマ式条文暗記アプリ(憲法編)

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

無料ダウンロードはこちら。

発行:株式会社シグマデザイン
http://www.sigmadesign.co.jp/ja/

日本で実施されている資格を調べるには資格キングをご利用下さい。

なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。

(裏編集後記)

受験生におすすめの在宅アルバイト。簡単な文章を入力するだけでお小遣い稼ぎができます。文章を書く訓練にもなって一石二鳥のお仕事です。

今日、新しいパソコンが届きました。

キーボードの配列を英字配列にしたので、少し使い勝手が違ってとまどっています。

一番、違うのがEnterキーです。

英字配列では、縦長ではなくて横長になっているので、ちょっと押しにくいんですよね。

まぁ、すぐになれると思いますが。

新しいパソコンを触っているのってちょっと楽しいですね。

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

メールマガジン登録

このサイトは、まぐまぐより発行している無料メルマガのバックナンバーです。最新号を早く読みたい場合は、無料メルマガの登録をお願いします。登録はこちらから。

受験生に大ヒット中のiPhoneアプリ

【iPhoneアプリ】法律の勉強で最も重要な事は重要条文を暗記すること。

シグマ式条文暗記アプリは、憲法の条文をスキマ時間に効率よく暗記できる教育用iPhoneアプリです。

iPhoneアプリ 民法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(民法編)

「シグマ式条文暗記アプリ民法編」無料ダウンロードはこちら。

iPhoneアプリ 憲法の条文暗記アプリシグマ式条文暗記(憲法編)

「シグマ式条文暗記アプリ憲法編」無料ダウンロードはこちら。

民法のおすすめの本

↓民法基本書の定番である内田民法!民法を勉強するなら必ず持っておきたい基本書の一つです。

民法1 第4版

↓司法試験受験生の間で圧倒的な支持を得ている伊藤塾のテキストです。司法試験、司法書士、行政書士の受験対策や大学の学部試験対策に最高のテキスト。

伊藤真試験対策講座1 民法総則

↓民法の偉大な学者である我妻先生が民法の条文を一つずつ徹底的に解説されています。条文の趣旨や要件・効果などを調べたい時に辞書のように使うと便利な本です。

我妻・有泉コンメンタール民法—総則・物権・債権